ヒプノセラピーで心の悩みを解消|スッキリする方法

カウンセリング

ストレスが原因

カウンセリング

現在のストレス性胃腸炎とは

心配事があるときや疲れがたまっているときや特定のイライラする場面で胃がキリキリ痛んだり吐き気がしてしまったり、お腹を壊してしまったりするときはストレス性胃腸炎の疑いがあります。現在は学生から社会人まで幅広くストレスを感じやすい傾向にあるので患者の年齢層も多岐に渡り、年々増加しています。昔は胃腸の具合が悪い時は内科や胃腸科へ行って診察を受けるのが一般でしたが、普通の胃腸薬を服用してもなかなか症状が改善せずにいて最終的にストレス性胃腸炎だと診断されることが多かったため、ストレスを感じている心当たりがある場合は初めから心療内科などでカウンセリングを受けたりして心身ともに治療をする方法がメジャーとなりつつあります。

治療方法はどのようなものがあるのか

ストレス性胃腸炎の治療方法としては、まず第一にストレスの原因を特定して少しでも負担を減らせるようにすることです。その上で胃腸の症状に対して胃腸薬、カウンセリングの結果精神的に辛い場合は抗不安薬などが処方されて体と心両方から改善していきます。またストレス性胃腸炎は再発もしやすく、少し疲れがたまったりしても症状がぶり返しやすいので定期的にカウンセリングを受けて予防に努めることも大切です。そして自身の精神力を鍛えることも重要ですぐにイライラしたりしないように頭の中でうまく消化できるように訓練することで、困った場面に遭遇してもダイレクトに胃腸症状に出ないようにある程度はコントロールすることができます。